電子書籍。

SANY3920.jpg 

「愛しても愛されなくても、ワタシはワタシ。こんな私に何か?」

最近ちょこちょこと電子書籍、という言葉を聞く。いや、もっと前からあったの

ですが、最近リアルに。しかし、それはどういうものなのか、何が可能なのか、何は違法なのか。出版社や、作家や、権利とかいろいろ分からなくて。

私は商業誌に載ったものを同人で出したので、その確認に一つ一つ編集部に問い合わせたりしたのですが。そのたびに思ったのが、漫画という仕事でも、会社組織のお仕事でも、やはり最終的には「個人対個人」の信頼関係なのだ、と。

基本的に作品は作家さんのものであり、権利は作家さんにあり、作家さんがどのように扱うかは極論すれば作家さん次第なのだが、編集さんサイドにしたら「ひとこと言ってくれればいいのに…」ということは多いようだ。ケースバイケースで、一概には言えないが、「あんなにがんばったのに!」「おたくが出してくれないから他所に行くのよ!」という気持も理解できなくは、ない。しかし編集さんは編集さんで、手塩にかけて目をかけてきた作家さんに、突然とんびに油揚げ、というところもあるのだろう。

しかし今の時代、何もかもが複製、転写、二次媒体の再販。どこが、なにが、オリジナルかわからない。書籍から電子、電子から書籍。これからますます著作権や使用方法に対するモラルは個人の価値観にゆだねられるのかも知れない。そう考えると、常に自分の頭できちんと考えねば、と肝に銘じる。

いつの時代も作家と編集は愛憎まみれ。「あなたの作品が良かったです」と言われれば作家は自分を全肯定されたような麻薬に打たれる。どこまでがビジネスか私的な意見か。編集さんには八割ビジネス、残り二割は全力で愛して!!と叫びたい。

そのかわり作家は二割ビジネス、残り八割は己の孤高と才能を愛せ…!

…なんの話でしたっけ。ま、作家さんはネタも大事だけど、義理も大事ってことですよ…。

≪追伸≫捻挫はだいぶ良くなりました。ご心配してくださった皆様、ありがとうございました。しかしあの男はまだ見つかりません。傷跡がうずくわ…。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コキ

Author:コキ
こきあい りん(小樹藍りん)。漫画家。
白泉社「別冊花とゆめ」にて商業誌デビュー。
その後「シルキー」、宙出版「いちばん怖くて綺麗な童話」「恋愛白書スタート!」秋田書店「ミステリーボニータ」「プリンセス」「恋愛よみきりmax」「プリンセスゴールド」「プチプリンセス」などでお仕事。

得意は不思議ショートと情熱恋愛もの。

現在は集英社クリエイティブ「オフィスユー」
白泉社「LoveSilky」などでお仕事。

同人活動は主に『ひきこもり修道女日記』というどたばた神様コメディ読切シリーズを刊行中。

『ひきこもり修道女日記総集編上下』をCOMICZINで通販中。
各話ダウンロード販売をDLsite.comでおこなっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
DLsiteさん
ひきこもり修道女シリーズ
LoveSilky
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード