関西コミティアのご案内。

090510_2338~01 

 関西コミティアから無事案内お手紙をいただきました。

 ちなみに上のミニイラスト三枚は十年以上前、関西コミティアで読者アンケートで一位を頂き、投票していただいた読者様にプレゼントしたカラーイラスト。この頃カラートーンにハマっていました。これを今も持っていてくれたら凄く嬉しいなぁ。でも無理だ…まず色が褪せてるよ、笑。

さて。

関西コミティア34

2009年5月24日(日)

大阪天満橋OMMビル 二階ABホール 

11:30~15:30

私は藍色劇場というサークル名でスペースは「F-62で、本部出入り口近くです。

 実は私はコミティアと言えば、地元関西の方が参加回数も馴染みも深く、前代表の湊みゆきさんにインタビューをしていただいたり、ベルネ先生のコミックワークショップというのにお誘いを受けて勉強させていただいたり。大変お世話になったなぁ、という記憶があります。

 もうかれこれ15年くらい前、私は商業作家を目指したいのか、本来漫画を描くというのはどういうことであるのか、と悶々とし続け出会ったのが関西コミティアのマガジンでした。(今は無き阪急ファイブの本屋さんはアンダー漫画が充実していて、あそこで私は岡田史子も倉田江美も高橋葉介も買ったなり…)

 そこには私がどうしても描けない二次創作ではなく、オリジナルの、魂の叫びのような、身を削って漫画を描いているような人達がたくさんいて、「漫画を描く」という原点を見ました。そして一般参加をして、そのパワーと毒にやられ中之島で嘔吐して帰り。カタログや会場で見つけた作家さんたちに「私は漫画を描く、という意味を探している。皆さんにとって今の漫画とはなんですか」というような熱い、怖い手紙を十人くらいに書きました。今考えても怖い行動です。時々このような逆噴射する自分を今でも知ってます…)そこから高確率で丁寧なお返事をいただき、その中で今もつながりを持てた作家さんがいらっしゃるのは本当に有難いことです。

 この不景気の中でも元気な同人世界。本当に心強いことです。この世界で、小さい声でも上げ続けること、「此処」に存在し続けること。それが私の漫画に対する仁義。

 関西コミティアでお会いできるのを楽しみにしています。よろしければ是非遊びにいらしてください。私も昔から参加されてる方、新しい方、素敵な漫画に出会えるのを本当に楽しみにしています。

 …特別ペーパーとか作りたいなぁ…ふふ、楽しみ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コキ

Author:コキ
こきあい りん(小樹藍りん)。漫画家。
1998年白泉社「別冊花とゆめ」にて商業誌デビュー。
その後「シルキー」、宙出版「いちばん怖くて綺麗な童話」「恋愛白書スタート!」秋田書店「ミステリーボニータ」「プリンセス」「恋愛よみきりmax」「プリンセスゴールド」「プチプリンセス」などでお仕事。

得意は不思議ショートと情熱恋愛もの。

現在は集英社クリエイティブ「オフィスユー」などでお仕事。

同人活動は主に『ひきこもり修道女日記』というどたばた神様コメディ読切シリーズを刊行中。

『ひきこもり修道女日記総集編上下』をCOMICZINで通販中。
各話ダウンロード販売をDLsite.comでおこなっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
DLsiteさん
ひきこもり修道女シリーズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード