菜の花や~。

今日は少し暖かかったですね。皆さん、花粉は大丈夫ですか。

私は花粉症なので早々と薬を飲んでいますが、今年は凄そうですね。くわばらくわばら。つるかめつるかめ(?)



毎年この季節になると行きたい場所があります。


千葉の房総半島の、菜の花畑です。


もうかれこれ20年くらい前、たしか『ちゃお』の本誌(増刊だったかな…)だったと思うんですが、くじらいいくこさんの漫画で、母を病気で亡くし、父と二人暮らしの中学女子が父に愛想をつかし、家出する、というお話がありました。


その子の母親が病気で入院してても、画家の父親は見舞いにも行かず絵ばかり描いていた。その亡くなった母親の入院してた病院へヒッチハイクしながら行く主人公。ようやく辿り着いた母親の病室から見える景色は、一面の菜の花畑。実は父親は菜の花畑に立ち絵を描きながら母親を見守っていた、ということに気づく主人公。自宅に帰ると、不器用ながら一生懸命を主人公を待ってた父。

なによりくじらいいくこさんのほわほわした絵が可愛い。可愛い顔してオオカミカット。でも、ふくれっ面で父親に『お父さん、朝ごはん早く食べて』という。父親は新聞から顔をあげずにお味噌汁を飲む。そんな父親に感情を隠し心の中で


『お父さん、私、今日、家出するのよ』


というネーム。
今思い出してもグッとくる。なんかものすごい大人っぽい~と思った記憶がある。そしてその子が最後に見た菜の花畑。私も見たいと思った。



春のかすんだ空に、西は別れの空、東は出会いの空、そして大地に無限に続く菜の花畑。
私の幼少原風景の一つです。

blog0228.jpg 



いつか見に行きたい。20年前の自分を連れて。

…20年前は花粉症じゃなかったもんね…。




ほっしー。コメントありがとう。すぐに返事したかったけど、上手くかけなくて。色々と伝えたいことはあるんだけど。また改めて。

そしてコメントをしようかな、と思いつつ、何となくできないな、とか思いつつ。ただなんとなくでも、久しぶりでも、読んでくださってる方々、本当にありがとうございます☆皆さんが思ってらっしゃる以上に、感謝しておりますです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

予想通り花粉の舞いが止まらないようですが大丈夫でしょうか。
小樹藍日常漫画思い切って言ってみてよかったです。
機会がありましたら学生時代の事なども、
過去編としても描いていただけたらとても嬉しいです。
プロフィール

コキ

Author:コキ
こきあい りん(小樹藍りん)。漫画家。
白泉社「別冊花とゆめ」にて商業誌デビュー。
その後「シルキー」、宙出版「いちばん怖くて綺麗な童話」「恋愛白書スタート!」秋田書店「ミステリーボニータ」「プリンセス」「恋愛よみきりmax」「プリンセスゴールド」「プチプリンセス」などでお仕事。

得意は不思議ショートと情熱恋愛もの。

現在は集英社クリエイティブ「オフィスユー」
白泉社「LoveSilky」などでお仕事。

同人活動は主に『ひきこもり修道女日記』というどたばた神様コメディ読切シリーズを刊行中。

『ひきこもり修道女日記総集編上下』をCOMICZINで通販中。
各話ダウンロード販売をDLsite.comでおこなっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
DLsiteさん
ひきこもり修道女シリーズ
LoveSilky
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード