ラブ。

先日、仕事原稿を脱稿しました。

久しぶりにラブ、漫画です。

久しぶりの雑誌なので、久しぶりのテーマです。

『プチプリンセス』という雑誌です。めでたく十周年を迎えたそうです。


そうか、もう十年にもなるのか。


創刊当時、何度か描かせてもらったことを懐かしく思い出しつつ。

久しぶりの雑誌なので、頭を切り替えるのに大変でした。

でも思いがけず作品の世界観に、キャラに引きずり込まれて。ものすごい楽しく仕事ができた。

最近の中ではマックス濃い男子キャラを描きました。性格もそうですが、何がどうしたって、画面が濃い。黒髪メガネに団子鼻で分厚い唇。南洋系のセノオくんという男子キャラ。

でも、完成間近になって、改めて見本誌を読み直したら。


『プチプリ。みなさん、あっさり味…』。


突然昔のトラウマを思い出し、もっと雑誌に合わせて色薄くしあげなくちゃいけないんじゃないか。こんなんじゃ読者さんに嫌われるんじゃないか、と焦りだした。


おそるおそる、編集氏にメールしてみた。


そしたら


『自信があるならそのまま突っ走れ!コキアイさんのパワーで読者さんにアピールしろ!おれは面白いと思ってる!!』


と檄を飛ばされました。


普段。あまり会わないし。

腰の低い編集氏なんだが。


この時ばかりは神に視えましたよ。


『勇気』てこういうときに使うんだな、と思った。思わず守りに入ろうとしていた自分に、そして感覚では『これが面白い』と思っているのに『でも雑誌は…』などと頭で描こうとしていた馬鹿な自分に渇をいれてもらった。


漫画は、理論でも理性でも、常識でもない。

嘘を、願いを、希望を描けるモノなのだ。


作家が照れてどうする。


作家が『こんなのあるわけないよね』なんて醒めててどーする。



そう思って、最後まで走りきった。


久しぶりにラブが描けて、ハアハアしっぱなしだった。


こんな発情して描いてて犯罪じゃないか、とか思った。


楽しかった。


この楽しさが、みなさんに少しでも伝われば、こんな嬉しいことはない。


プチプリンセス、6月号。4月16日発売予定。


『コドモスイッチ』小樹藍りん



久々のコキアイラブ、お楽しみいただけると嬉しいです☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コキ

Author:コキ
こきあい りん(小樹藍りん)。漫画家。
1998年白泉社「別冊花とゆめ」にて商業誌デビュー。
その後「シルキー」、宙出版「いちばん怖くて綺麗な童話」「恋愛白書スタート!」秋田書店「ミステリーボニータ」「プリンセス」「恋愛よみきりmax」「プリンセスゴールド」「プチプリンセス」などでお仕事。

得意は不思議ショートと情熱恋愛もの。

現在は集英社クリエイティブ「オフィスユー」などでお仕事。

同人活動は主に『ひきこもり修道女日記』というどたばた神様コメディ読切シリーズを刊行中。

『ひきこもり修道女日記総集編上下』をCOMICZINで通販中。
各話ダウンロード販売をDLsite.comでおこなっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
DLsiteさん
ひきこもり修道女シリーズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード