しゅうげいざぁ、もしくは無重力ウィスパーボイス。

 かれこれ数年前、某レコード屋さんの試聴機で気に入ったCDのポップに「日本を代表するシューゲイザーバンド!」と書いてあって。「しゅうげいざぁ?なんだそれ…」。このポップを書いたというお兄ちゃんに説明を聞くと「ギタリストが演奏中ずっと足元のエフェクターをみているからSHOES靴を GAZE凝視する、という意味でSHOEGAZER」。…へー。それからシュウゲイズ好きになりました。(ついでにそのお兄ちゃんがとても好みでしばらくそのレコ屋に通ってしまった。ストーカー気質に自信あり。)(そしてそのお兄ちゃんを題材に耳の敏感な少女とのエロス漫画描いてしまった。ずいぶん前の秋田書店ちびマックスに!!)

 …閑話休題。

 最近日本の若いアーティストには何のオリジナリティもパワーも粘着質も感じなかったのですが。ちょっと気になるバンドを発見。

 「People in the box」。brogjacket.jpg

 残響レコードというレーベルで、ポストロックとかエレクトロニカあたりのちょっと面白いアーティストを連れてきてくれる。私はかつてフリッパーズギターからスパイラルライフと{危うい}ギターポップの洗礼を受けてきたので、ふわふわした男性のウィスパーボイスにめっぽう弱い。ストーンローゼスの「エレファントストーン」とか。特に好きなバランスは、ドラムンベースでややシャッフル気味のハイテンポ(ロンドンエレクトリシティみたいな)の上に、音程も危ういへなちょこボイスで全音符みたいなまったりメロを乗せられたらホントに昇天してしまう。

 つまるところアンバランスの気持ち良さというか。ベースは野太いハイパワーなのにボーカルはよわっちょろい。男のコなのにウィスパーボイス、というアンバランスは私のエロスをくすぐるのです。やはり「ギャップ」ですよ!人間の面白さは「ギャップ」にありき!

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コキ

Author:コキ
こきあい りん(小樹藍りん)。漫画家。
1998年白泉社「別冊花とゆめ」にて商業誌デビュー。
その後「シルキー」、宙出版「いちばん怖くて綺麗な童話」「恋愛白書スタート!」秋田書店「ミステリーボニータ」「プリンセス」「恋愛よみきりmax」「プリンセスゴールド」「プチプリンセス」などでお仕事。

得意は不思議ショートと情熱恋愛もの。

現在は集英社クリエイティブ「オフィスユー」などでお仕事。

同人活動は主に『ひきこもり修道女日記』というどたばた神様コメディ読切シリーズを刊行中。

『ひきこもり修道女日記総集編上下』をCOMICZINで通販中。
各話ダウンロード販売をDLsite.comでおこなっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
DLsiteさん
ひきこもり修道女シリーズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード