改めて、お仕事お知らせ。


SANY5665.jpg
 

七月六日発売のミステリーボニータにホラー特集読み切り描いています。


SANY5666.jpg 

『不純喫茶オセロ』。


真面目なJK(女子高生by菊池成孔氏)が、とある喫茶のマスター(死語。)からオセロを誘われ、ずぶずぶとはまってしまう、という久々の怖い話。


よろしければ是非!!!

お店でお手に取ってみてくださいませ・・・♡





やっぱ夏はホラー、だよね。


私の夏ホラーの原点は某「なかよし」の『妖鬼妃伝』美内すずえ先生。たしか1981年くらい。

ものすごく怖く、ものすごくおもしろかった。


この単行本、悪友に貸したら帰ってこない。


おーい。物理学者の伊藤誠!!

読みたいよ~。そろそろよろしく~。


実は二年ほど前、この妖鬼妃伝オマージュとして『デパートガールの夢』というショートを描いた。ボニータに。あ、小樹藍が、です。



あと夏になると読みたくなるのが、同じく「なかよし」から同年あたりの、曽根原澄子氏の『かなづちマーメイド(?)』や、ポートピア'81を舞台にした『潮風のメモランダム』。

SANY5666_20110711013304.jpg




他に曽根原澄子さんは、赤川次郎氏の原作『悪魔のファンタジー』が怖かった。 



SANY5665_20110711013305.jpg 

 



他に『愛してもいいんですか?』という車いすに乗ってる少女と、不良少年のラブストーリーも覚えている。


この時代の「なかよし」は看板が鉄壁のあさぎり夕先生、というところからもわかるように、可愛いラブコメが主流だった。その中で曽根原先生は、ちょっとダークに考えすぎる少女や、悲観的な自己嫌悪型の少女の描き方がサイコーだった!私は「ちょっといやだ。」と思いながらも、ずぶずぶ惹かれていた。そういう、まじめすぎて辛い、という私の不幸体質好きは、このころ形成されたに違いない・・・とブログってて思った。たとえばこのころの「ちゃお」なら佐香厚子先生とか。なかデラにもたくさん良い作家さんがいた・・・。ああ、もっと語りたい・・。


で。曽根原先生だが。 
 


当時は「地味な作家さんだ・・・」と小学生ながら思っていたのだが、内容がしっかりしていたのだろう。オトナになって今でも、何かの時にふと思い出すのだ。


良い話だったよな~、とか。ご本人も真面目な人なんだろうな~とか。

私、この作家さんが好きだったんだ!とウン十年経って気付く!



そして気付いたら、自分もその立ち位置の作家になっている気がする・・・。

決して派手ではないが、なんとなく覚えている作家。



それは・・・。



とても光栄なことではあるまいか!?(鈴木先生口調で4649.)








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ボニータ、読みました

今日の昼間、書店で何気なく取った雑誌ボニータを読みました。その中の「不純喫茶オセロ」がとてもオシャレで不思議で何か惹かれるものがありました。

本当に面白かったです。

こんなにミステリアスで素敵な漫画に出会ったのは久しぶり!

家に帰って作者の名前で検索すると、このページにたどり着きました。


これからも素敵な漫画を描いてください
プロフィール

コキ

Author:コキ
こきあい りん(小樹藍りん)。漫画家。
1998年白泉社「別冊花とゆめ」にて商業誌デビュー。
その後「シルキー」、宙出版「いちばん怖くて綺麗な童話」「恋愛白書スタート!」秋田書店「ミステリーボニータ」「プリンセス」「恋愛よみきりmax」「プリンセスゴールド」「プチプリンセス」などでお仕事。

得意は不思議ショートと情熱恋愛もの。

現在は集英社クリエイティブ「オフィスユー」などでお仕事。

同人活動は主に『ひきこもり修道女日記』というどたばた神様コメディ読切シリーズを刊行中。

『ひきこもり修道女日記総集編上下』をCOMICZINで通販中。
各話ダウンロード販売をDLsite.comでおこなっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
DLsiteさん
ひきこもり修道女シリーズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード