地震お見舞い申し上げます。


皆さん、今、どのようにお過ごしでしょうか。被災された方々、また寒い夜になってしまいました。食べるものや、身を守るような毛布や、そういうものがあるでしょうか。また、連絡が取れず、確かな情報も得られず、つらい思いされている方もいらっしゃるでしょう。
 
今こそ、『みんなの力』で乗り越えていきたい。



私自身は東京自宅で地震の揺れを感じました。食事中だったので、慌ててバナナを持ってアパートを飛び出しました。

部屋に戻ると、スライド本棚の上のスピーカーが落ちてました。植物も倒れ、額縁も倒れガラスが散乱しました。

近所の家も外壁が崩れたり、門柱が倒れてるところもありました。

東京でこれなのだから…。


私がうろうろしていると、近所のおじさんが声をかけてくれました。嬉しいことです。近所の友人ともメール連絡を取り合い『大変になったらお互い同じ避難所で暮らそう!』とメールが来ました。


まるでプロポーズされたように、嬉しかったです。


しかし私は、慌てて何をしたかというと。


とりあえず、食べれるうちに、、と、ご飯を山盛り食べ、そしてカメラで室内と撮って、紙をペンをとって記録を描き始めました。壁の落ちている家のおばあちゃんを確認に行って、防災頭巾をかぶって集団下校している子供たちに「おかえり」と声掛けて、スーパーのまだ食べれそうなものをお金を出して買って。何気ないけど「自分の財布からお金を出して、モノを買える」ということの素晴らしさを感じた。



とにかく、今見てること、感じてることを描きとめておかねば、と思いました。これは阪神大震災の時にも思いました。


私は創作者、というより、観察者、なのだ、とつくづく思い知りました。


しかし今回大きく違うと思うのは、津波と、あと、やはり…原発だろう。

色んな情報が流れている。どこまで信じるのか、何を行動するのか。



それでもわたしは、再び、みんなが大切な人たちと、笑って美味しいものを食べれる、という当たり前の日常が来ると信じている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コキ

Author:コキ
こきあい りん(小樹藍りん)。漫画家。
1998年白泉社「別冊花とゆめ」にて商業誌デビュー。
その後「シルキー」、宙出版「いちばん怖くて綺麗な童話」「恋愛白書スタート!」秋田書店「ミステリーボニータ」「プリンセス」「恋愛よみきりmax」「プリンセスゴールド」「プチプリンセス」などでお仕事。

得意は不思議ショートと情熱恋愛もの。

現在は集英社クリエイティブ「オフィスユー」などでお仕事。

同人活動は主に『ひきこもり修道女日記』というどたばた神様コメディ読切シリーズを刊行中。

『ひきこもり修道女日記総集編上下』をCOMICZINで通販中。
各話ダウンロード販売をDLsite.comでおこなっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
DLsiteさん
ひきこもり修道女シリーズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード