スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジック。

最近、BOOWYのライブ映像ばかり見ています。

夏はブランキージェットシティばかりみてました。

自分にガソリンを入れるときは、ライブ映像に限ります。(もちろん生ライブが一番なのだが)


もともとは2004年の氷室ックのドーム映像をyou tubeで見つけて、そこで久しぶりにBOOWY時代の曲を歌ってて。
その顔が


『オニかっこよくて。』


なんだ、この、すべてを包み込むような大きなやさしさは、て思って。

…萌えました。

コメントに


『ハアハア、ヒムヒム~』


て言う人がいて。一人でめちゃ共感しました。


で、当然、BOOWYも見とかなあかんやろ、てことで。

いや。やっぱ、やばいっす。なんだこの時代を越えた緊張感。ヤラレル。


しばらく前に同じ30代の友人と


『今の若者は、尾崎豊とかダサいと思うらしい』


という話をしていて。

でも今アラフォーの人たちは今のゆるゆるの草食系音楽を馬鹿にしていて。


どっちが良いとか言えない、と思いますが。


私はただ、自分の感受性がピリピリしている時代に、BOOWYと尾崎豊だけはリアルタイムに会えてよかった、と思っています。


特に私は今でもバンド、というものが好きで。


それはやはり『バンドマジック』というものがあるからで。


一人ひとりは全く別物でも、その人たちが一つの音を出したとたんに、まるで初めからそのモノとして存在していたかのような。


それは漫画も同じで。

漫画は一人で描くものですが、セリフと人物とコマワリが黄金比のように決まる時があって。


『もうこのシーンにはこの絵とセリフしか、ない。』

という。


そんなマジックが見たくて、描いているのかもしれません。


二次元では萌えない私ですが、ブラウン管(今この表記、アリなのか・・)には萌えまくりです。

ああ、氷室ックみたいなおじさまにめちゃめちゃに遊ばれたい。


『ライブハウス、俺、にようこそ!』※

とか言われたい。

そしてぼろぼろに捨てられたい。

すがりついて『捨てないで~!』と言いたい。でもやっぱ、捨てられるんだ。うん。


・・・春が近いから、もえてます、コキアイ。


※御存じない方のために補足。
BOOWYの時代はライブハウスというのがまだまだ発展途上で、新宿ロフトという小さなライブハウスから一気に武道館まで駆け上がった彼らだが、武道館だろうとどこだろうと、俺らには関係ない。自分たちのライブをするだけだ、というような意味で「ライブハウス武道館へようこそ!」とMCしたことが有名、なのです。音楽業界ではよくネタに使われる伝説。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コキ

Author:コキ
こきあい りん(小樹藍りん)。漫画家。
白泉社「別冊花とゆめ」にて商業誌デビュー。
その後秋田書店などを経て現在は集英社クリエイティブ「オフィスユー」で『ニセモノ彼女の本当の恋』を連載中。
他白泉社「LoveSilky」で読切描いてます。

同人活動は主に『ひきこもり修道女日記』というどたばた神様コメディ読切シリーズをコミティアで刊行中。

『ひきこもり修道女日記総集編上下』をCOMICZINで通販中。
角川BOOK☆WALKERからは電子配信中。
各話バラでダウンロード販売をDLsite.comでおこなっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
DLsiteさん
ひきこもり修道女シリーズ
LoveSilky
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。