コミティアお疲れ様でした!

昨日のコミティアに関わってくださった皆様、コキアイのスペースに来てくださった皆さん、本当にありがとうございました!

今回は新刊があったにも関わらず、留守していることが多く。お客さんと接する機会が少なく、ちょっと不満が残る回となりました。おまけに


『ブログ見てます』。

と声掛けて下さった『神』がいらっしゃったのに…会えずじまい…。


友人いわく『おしゃれでシュッとした若い男性』の方!


是非一言…コメントをください…!!

そしてお礼を申し上げます…!!


KC380038001.jpg 



で、私は留守して何をしていたかというと。


出張編集部を荒らしていました…。


だって、プロもオッケーだってティアマガに…でも周りはピチピチの作家さんばかりで、大変恐縮しました。ついでに編集サイドも、私くらいの年齢とキャリアにはなかなか、コメントしにくそうで…笑


だから。持って行ったんですけど。


私のような、売れてもないけど年数はある作家になると、社交辞令ばかりで、なかなか現実味のあるコメントをいただけない。それはもちろん自分で考えなきゃいけないんですが。そこをあえて、聞きに行く。


耳の痛いことを、編集氏の言いにくいことを引きずり出させていただく…!!


それは私がここ数年、さまざまな持ち込み営業をし、コンペに落ちたりして学んだことです。


キャリアが長くなればなるほど、意識して自己改革をせねば前へ進めない。



そこでは。


若い頃とは比べ物にならないくらいの、へこみ方をする。

びっくりするくらい回復に時間がかかる。



が。

結果、大変勉強になる。




それとは関係ないかもしれませんが。


実は今回の新刊は、まったくもって

『自分のため』

だけに描きました。


下書きしているときから、これは

『私しか面白くない漫画だ!!』

と思っていたからです。


なぜならこの漫画は「この世界」というものしか描けてないからです。この世界の何が面白いのか、どのように見せれば面白いことが伝えられるのか。まだそこまで、私も探し切れていません。ただ『ここだ』ということだけ感じただけなのです。

そんな拙いものだ、と承知の上で。自分の今の能力の限界を見つめるために、出しました。

そして、形にして売る、というところまでしなければ、見えなかったことがやはりたくさんあると思うのです。

だから。

今、描きたいのに描けない、怖い。こんなモノダメだ…なんて思っている方がいらっしゃったら、肩をわしづかみにして言いたい。


「それでも、ソレを描けるのはあなたしかいないのだ!!そして、描き切るしかないのだ!!」

と。そして、そう思っているのは、あなただけではない…と…。



そんな新刊でしたが、手にとってくださった方、本当に、本当にありがとうございました。


今ようやく見えてきたこの世界、もっとうまく伝えられるように精進したいです。





そういえば、先日ブログに書いた若者編集M氏が同僚のT氏とスペースに来てくれました。


私服でますます若く見えるM氏は、マラソンで痛めた足を引きずりながら


『これ、差し入れのチョコレートです!自分でラッピングしました!』


…足を痛めた若者男子の手作り…いや、ラッピングチョコ…!!


…いやぁ…やはり私のツボ、抑えてるわ…M氏…。

と、ときめいたのもあっという間。



昨晩、酔っぱらって帰宅後、完食。完食?!



バレンタイン前日に食べきるとは…漫画もチョコもフライングすぎるぞ!! 自分!!






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして、コミティア95で小樹藍さんのサークルにお邪魔した者です。
『ブログ見てます』と書かれているのを見たときは笑ってしまいました。
今回は、お会いする事は出来ませんでしたが、機会があればまたお邪魔したいと思います。
プロフィール

コキ

Author:コキ
こきあい りん(小樹藍りん)。漫画家。
白泉社「別冊花とゆめ」にて商業誌デビュー。
その後秋田書店などを経て現在は集英社クリエイティブ「オフィスユー」で『ニセモノ彼女の本当の恋』を連載中。
他白泉社「LoveSilky」で読切描いてます。

同人活動は主に『ひきこもり修道女日記』というどたばた神様コメディ読切シリーズをコミティアで刊行中。

『ひきこもり修道女日記総集編上下』をCOMICZINで通販中。
角川BOOK☆WALKERからは電子配信中。
各話バラでダウンロード販売をDLsite.comでおこなっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
DLsiteさん
ひきこもり修道女シリーズ
LoveSilky
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード