スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化祭あらし。

秋です。体調が戻ってきたので、近所の高齢者センターの地域まつりに出かけてきました。

あらし、はゲームセンター荒らす。

わたし、は地域文化祭を荒らす。


私の楽しみの一つが、小さな地元のお祭りに参加することです。

参加、といっても。知り合いもいないし、招待券も持っていないし、お金もないんだけど。


でも、市井の人々が様々な手作りモノを展示したり、だれが見るのかわからないような史料とか、でも食べ物のコーナーはどこも一定量の人気があったり。


たくさん通っていると、色んな処し方や楽しみ方を覚えます。
そして、色んな人がいるので楽しいのです。

自分も含め、決してこの場所に御縁のないような人も、今日だけは無礼講。

にこにこ笑って流れて、横にいる人に苦笑いをしながら『なんとか今日を迎えられましたねぇ』と無言でわかりあえる。

もちろん。

私はなにもしてませんけど。



今まで行ったのは、神社の御神輿、教会バザー、地域コミュニティセンター祭り、学童保育所祭り、ボーイスカウト祭り、農業祭、社会福祉バザー、自立支援センター文化祭、獣医大学祭。などなど。

で、今回の高齢者センター祭りも、ふらふらと出かけてきました。
SANY4854.jpg 

たくさん並ぶ杖たち。一つ一つ手に取り、素材感と重さを確認する。熱心に見てたら、青年が介護用品パンフレットをどっさりくれた。
私の脳裏から離れない言葉が。

『杖を持ってきて。』


数年前、祖母が倒れて意識を取り戻した直後に言った言葉。

誰かにとってなんでもないものが、誰かにとってどうしようもなく大切なものである、という事実。



そういえば去年行った、修道院
の庭で行われたバザーでも印象的なことが。

SANY4322.jpg 

皆さんが楽しく歓談されてる森の中には木の十字架が建っている。

そして、その十字架に。

SANY4324.jpg 

落書きでもいたずらでもなく。ひっそりと。書かざるを得なかった、という遠慮がちな雰囲気と同時に、どこかユーモラスな余裕感があって。

私の修道女観を作る一つのシーンとなりました。


さて。来週は無線会社と、メンタル病院の文化祭のかけもちだ!!
忙しい、忙しい。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コキ

Author:コキ
こきあい りん(小樹藍りん)。漫画家。
白泉社「別冊花とゆめ」にて商業誌デビュー。
その後秋田書店などを経て現在は集英社クリエイティブ「オフィスユー」で『ニセモノ彼女の本当の恋』を連載中。
他白泉社「LoveSilky」で読切描いてます。

同人活動は主に『ひきこもり修道女日記』というどたばた神様コメディ読切シリーズをコミティアで刊行中。

『ひきこもり修道女日記総集編上下』をCOMICZINで通販中。
角川BOOK☆WALKERからは電子配信中。
各話バラでダウンロード販売をDLsite.comでおこなっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
DLsiteさん
ひきこもり修道女シリーズ
LoveSilky
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。