三食氷室ック。

こんにちは、小樹藍です、今回は個人的感情なブログです。長いので興味のない方は飛ばしてください。


今、別タブで、氷室ックが私のためだけに

2004年東京ドーム『B・Blue』

唄ってくれてマス。ここしばらくオールナイトな氷室ライブが止まりません。食欲もなくなり、体重は二キロ落ちました。でも元気です。


詰まってる原稿もネームも白くても、


元気です。


この間までこの動画のカウントが


1,100,000


くらいだったのに、今見たら


1,181,301


ですよ!このうち100回くらいは私ですが笑

この氷室ックへ突然のハマり方はなんなのか、と自分でも考えてて。

つまりは『ホンモノ』なのだな、と。


改めて氷室ックの色んな動画を探してて、BOOWY当時、私は氷室ックの顔が好きじゃなかったこととか思い出しました。20代にしては、熟成された顔立ち。

狂気をたたえた瞳。

とても、怖かった。


しかし、今の年齢になって、ようやく氷室ックの抱えてる葛藤とかプレッシャーとか、繊細さや神経質なところがリアルにわかるようになって。人間としての年齢の経かたにヤラレタのだな、と。


03年の代々木ナショナルスタジアムのMCで『自分はロスへ離れて、日本のメディアのもほとんど出ず、ただ自分のペースで自分の音楽を作ってるだけなんだけど…こんなにみんな集まってくれて…』という感じで声を詰まらせます。そのあとのクラウディハートでも


涙で唄えず・・・


会場が大合唱になります。



熊本の台風のイベントで、マイクを撮り損ねても、都庁前の大雨ライブでも吠えてた氷室が…



あの、氷室が…。



氷室がぁああああっ!!!


(自主規制)。



最近の50歳を迎えてのインタビューでは


『自分には才能がない、もう引退する、と15年前から毎晩かみさんに言ってる』


といってました。メディアで敢えて弱さをさらけ出す、というのもグッときます。


改めて、氷室京介という名を背負っているプレッシャーや自分の音楽へのあくなき葛藤を感じます。



でもそこから逃げない氷室。



なぜなら彼はすでに「カリスマ」だから。


多くの人は若い時の一度は光を浴びる。しかし自分は『その他大勢の一人にすぎない』ことを知る。そういう人のために、カリスマは自分の生きざまを見せなくてはいけない。


そのプレッシャーたるや…今の自分の年齢だからわかる怖ろしさがある。



2004年[ VS BOOWY]と銘打って、行ったライブ。以前の私なら無邪気に喜んでいただろうが、今は怖ろしくてスタッフの一人にも入りたくない。


解散して何十年もたつのに、ビデオライブが成立したり、DVDが売れたり。



みんなの中の、自分の過去のBOOWYと戦って、そして勝ったのだ。氷室ックは。



だから、あの笑顔なのだ。



そしてこんなにも瞬時に、私を虜にしたのだ。



与えられた才能から逃げださなかった氷室ック。それを見守り続けたファン。



…ああ、やっぱ音楽はいい。ライブの一体感は、スポーツに勝る!!



そこには、倒すべき敵は


己しかいないからだ!






…今見たら、カウントが1,181,419に!!これ書いてる間に118人が見てますよ!!!


あああ~。私も早く見なきゃっ!!汗♡


スポンサーサイト
プロフィール

コキ

Author:コキ
こきあい りん(小樹藍りん)。漫画家。
白泉社「別冊花とゆめ」にて商業誌デビュー。
その後秋田書店などを経て現在は集英社クリエイティブ「オフィスユー」で『ニセモノ彼女の本当の恋』を連載中。
他白泉社「LoveSilky」で読切描いてます。

同人活動は主に『ひきこもり修道女日記』というどたばた神様コメディ読切シリーズをコミティアで刊行中。

『ひきこもり修道女日記総集編上下』をCOMICZINで通販中。
角川BOOK☆WALKERからは電子配信中。
各話バラでダウンロード販売をDLsite.comでおこなっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
DLsiteさん
ひきこもり修道女シリーズ
LoveSilky
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード